株価暴落の予兆

株価暴落が起きてしまったら、取るべき行動とは?

*

株価暴落が起きやすい時期

株価の変動には突発的な要因と時期的な要因があります。
突発的な要因としては、ギリシャのデフォルト危機やリーマンショックなどがそれに当たります。

一方、時期的な要因としては、ファンドの決算期や企業の決算期がそれに当たります。

突 発的な要因はいつ起こるかわかりませんが、時期的な要因では12月や5月や8月が下がりやすい時期として警戒されています。その理由としては、ファンドの 決算に合わせてポジションが解消され資金が引き上げられたり、めぼしい材料がなく流動性が低下しやすい時期であったりするためと言われています。

そのため、12月や5月、8月は相場がトレンドを転換するかしないか、よく注意して望むことで、株価暴落に備えることができます。

 ページトップへ